6つの炎症を引き起こす食品

炎症とは

体の白血球とそれらが作り出す物質がウイルスやバクテリアのような有機体から体を守るために働くプロセスです。

たとえば、膝の損傷の場合や、組織の保護と手入れが必要な場合に炎症は役立ちます。その一方で、炎症は必要以上に長く続くことがあり、その場合害を増します。

さらに、関節炎などの場合には、異物が存在しないにもかかわらず免疫系が炎症反応を開始します。その結果、免疫系は体の組織を傷つけ、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。

炎症の原因は何?

医学研究によると、炎症は感染や身体的な傷害への反応として体の免疫システムによって引き起こされます。また様々な身体的反応は炎症を引き起こす可能性があります。

また炎症は感染症の確実な兆候ではありませんが、感染症は炎症を引き起こす可能性があります。さらに、炎症を引き起こす特定の食品もあります。
炎症は主に急性炎症・慢性炎症の2種類です。

急性炎症は、組織の損傷や有害な細菌によって引き起こされます。急に始まり、数日間しか続きません。

一方、慢性炎症は、体が系内に残存する異物およびある種のウイルスを含む病原体を分解できなかった場合に起こります。慢性炎症はまた、過剰な免疫反応、自己免疫疾患、または工業用化学物質のような少量の刺激物が長時間積みかさなり起こり得ます。

発症は何年も続く可能性があります。

6つの炎症を引き起こす食品

調査によると、食べ物も慢性炎症に大きく影響しています。その食事を毎日食べることで免疫システムを危険状態にし、結果として経時的に、消化器系、皮膚、眠気、体重増加、ならびに肥満などの問題、癌および糖尿病を含む重度の病気を引き起こす可能性があります。

具体的な食品を見ていきましょう。

シュガー

私たちは通常、飲み物、焼き菓子、キャンディー、スナックバーなど砂糖をとります。あまりにも多くの砂糖(ブドウ糖として)を摂取した場合、体はすぐに余分なブドウ糖を処理できません。その結果、体内のサイトカインと呼ばれる炎症促進性の信号が増加します。さらに、白血球が細菌を殺す能力を抑制する役割もあるため、免疫システムが弱くなり、感染症にもかかりやすくなります。

植物油および加工食品

パン、マヨネーズ、ポテトチップス、サラダドレッシング、クラッカー、そしてバーベキューソースは私たち毎日の食事の定番ですが、植物油は、炎症性脂肪であるオメガ6を多く含み、抗炎症性脂肪であるオメガ3を多く含みません。

小麦粉

小麦粉はベーグル、朝食用シリアル、小麦粉のトルティーヤ、パスタ、ピザ、パン、プレッツェルなどを作るのに使われます。 ブドウ糖が豊富な食品を体が早く消化するほど、血糖値が早く上がりやすくなります。その結果、炎症誘発性反応に関連するインスリンは劇的に増加します。

乳製品

私たちがよく消費する乳製品には、ヨーグルト、牛乳、バター、チーズなどがあります。それは腸を治癒するプロバイオティクスを含んでいるので適量のヨーグルトが炎症レベルを下げることは事実です。しかし乳製品には、炎症を引き起こす原因となる飽和脂肪も含まれています。ある研究は、乳製品が炎症を減らすのに不可欠である善玉菌を減らす結果が出ています。

トランス脂肪食品

トランス脂肪を含む食品には、マフィン、クッキー、ドーナツなどの焼き菓子、マーガリン、フロスティング、冷凍ピザなどがあります。体はそのような油を分解するための正しいメカニズムを持っていないため異物として脂肪食品を扱った結果、炎症反応が体内で開始されます。

過剰アルコール

酒、ワイン、ビールなどのアルコールです。

いくつかの研究では、1日1回の飲用で炎症性バイオマーカーであるCRPのレベルを下げるとしています。しかし、過剰なアルコールは正反対になります。過度なアルコールを分解することは、肝細胞を傷つけ、免疫システムを弱め、そして炎症を促進する有毒な副産物を作り出します。

炎症を治療する

炎症を軽減するために多数の薬を使用することができます。これらが含まれます:

Calcort(デフラザコート)

デフラザコートはコルチコステロイドと呼ばれる薬の一種です。これらは体が自然に作り出し、炎症反応を制御する原因となるホルモンです。細胞が免疫系に不可欠な化学物質の放出を妨げるのを防ぐのは合成コルチコステロイドです。その結果、炎症が軽減されます。

デフラザコート製品を見る

セレブレックス(セレコキシブ)

Celebrexは、関節炎のような関節の痛み、こわばり、腫れ、そして炎症の症状を軽減するために使われる抗炎症薬です。それは炎症を引き起こすホルモンを減らすことによって機能します。

セレブレックス製品を見る

Entocort(ブデソニド)

Entocortは、腸が炎症を起こしている軽度から中等度のクローン病を治療するために使用されるグルココルチコステロイドとして分類されます。結腸や腸の炎症を抑えることで機能します。

ENTOCORT製品を見る

Singulair(モンテルカスト)

Singulairは症状や喘息の発作を予防するために使用されるロイコトリエン阻害剤です。この薬は、肺の粘液分泌、体液貯留、および炎症を引き起こす物質と戦うことによって機能します。

最後に

これまでに述べたように、炎症は身体の自然な防御反応ですが、重度の炎症は危険です。だから、炎症を引き起こす食品だけでなく、炎症を抑えるための適切な方法も合わせて知っておくことが必要です。

あなたは私たちの過去のブログ記事の一つで炎症を軽減する食品についてもっと学ぶことができます。

FAQ

Q.炎症によって熱が出ることはある?

A.体の防御反応として炎症が起こり、全身症状として発熱が起こります。

Q.炎症の兆候ってある?

A.炎症の兆候は発赤(rubor)、腫脹(tumor)、発熱(calor)、疼痛(dolor)と言われています。

Q.なんで炎症っていうの?

A.ギリシア医学で,赤くはれて熱を発し,何かが燃えているようにみえたので「炎」の語が用いられました。