レフルノミド (アラバ)

レフルノミド (アラバ) (Leflunomide) (Arava) とは

レフルノミドは、慢性関節リウマチおよび他の炎症状態を治療するために使用される抗炎症剤です。それは炎症を引き起こす血球を抑制することによって機能します。この薬のブランド名はAravaです。

レフルノミド (アラバ) 用法・用量

レフルノミド (アラバ)の錠剤は10または20mgで、1日1回服用とされています。

通常の線量は1日あたり20mgです。医師の指示に従ってください。

この薬は食物と一緒に服用できます。

レフルノミド (アラバ) 副作用

レフルノミド (アラバ)の最も一般的な副作用下痢で、患者の約20%に起こります。この症状は、時が経つにつれて、または下痢を防ぐ薬の服用によって、改善されます。それでも下痢が続く場合は、レフルノミドの用量を減らす必要があるかもしれません。

まれな副作用には、悪心、胃痛、消化不良、発疹、脱毛などがあります。

肝機能検査の異常や血球数や血小板数の減少も引き起こす可能性があり、まれに咳、息切れ、または肺の損傷などの肺の問題を引き起こす可能性があります。

レフルノミド (アラバ) 注意事項

◯レフルノミドは深刻な先天性欠損症を引き起こす可能性があります。

妊娠している場合、または出産を検討しているならば、薬を始める前に医者と話し合う必要があります。

そのため、通常若い女性にレフルノミド (アラバ)は処方されていません。

◯レフルノミド (アラバ)服用中の授乳はお勧めできません。服用が中止されてから最大2年間は適切な避妊が必要です。なぜならレフルノミドは薬を止めた後でさえも体内で長時間持続し、そしてこの間も先天性欠損症を引き起こす可能性があるからです。子供を産みたいと考えているレフルノミドを服用している男性もまた、薬を中止する方法について医師と相談するべきです。コレスチラミンはシステムからレフルノミドを取り除くのを助けることができる薬です。

◯市販の薬や自然療法を含む、服用しているすべての薬についてレフルノミドの効果が低下する可能性があるため、必ず医師に伝えてください。

◯この薬を服用している間、予防接種は避けるべきです。予防接種を受ける前に、必ず医師と相談してください。

◯この薬は免疫力を低下させる可能性があるため、感染症の治療を受けている医師と話し合って評価や治療法を変えることが重要です。また、この薬を服用している間は手術の前に必ず医師に連絡してください。レフルノミドは術後感染の危険性を高めたり、創傷の治癒を遅らせることがあります。