リファキシミン (Xifaxan) (Rifaximin)

リファキシミン Xifaxan (Rifaximin)とは

リファキシミン Xifaxan(Rifaximin)は、腹痛下痢のIBS-D症状から改善処方治療です。

腸管のみを治療するため、他の部分の感染症を治療することはありません。

リファキシミンは、成人と12歳以上の子供の大腸菌に起因する旅行者下痢症を治療するために使用されます。 大部分の人々は、食物を食べたり、大腸菌に汚染された液体を飲むことによってこの感染症を発症します。

リファキシミンはまた、主な症状が下痢である成人の過敏性腸症候群を治療するためにも使用されます。

リファキシミンはまた、肝不全の成人における脳機能の悪化のリスクを低下させるためにも使用される。 脳機能は、肝臓が機能しなくなり、体内の有毒物質を除去できない場合に影響を受ける可能性があります。

リファキシミン Xifaxan (Rifaximin) 用法・用量

リファキシミン Xifaxan (Rifaximin)は短期的な治療法です。

1日に3回、2週間服用してください。

服用中は医師の指示に従ってください。

食後であっても食事なしでも服用が可能です。

リファキシミン Xifaxan (Rifaximin)  副作用

一般的な副作用として、

◯吐き気

◯頭痛、めまい、

◯疲労感

◯肝臓酵素の増加

以下のようなアレルギー反応が見られる場合は医師に相談してください。

◯蕁麻疹、呼吸困難、顔、唇、舌、喉の腫れ

以下のような症状が出た場合は服用をやめを、すぐに医者に相談してください。

◯重度の胃の痛み

◯水分、血が混ざっている下痢、

◯高熱

◯急速な体重増加

リファキシミン Xifaxan (Rifaximin) 注意事項

◯リファキシミン Xifaxanのような抗生物質を服用すると、細菌の繁殖が原因で下痢を経験する可能性があります。

これは軽度の下痢から生命を脅かす大腸炎までの重症度の範囲の症状を引き起こす可能性があります。下痢が改善しない場合は、医師に相談してください。

◯重度の肝機能障害がある場合は、リファキシミン Xifaxanを服用する前に医療機関に相談してください。

◯P-糖タンパク質やOATP阻害剤(シクロスポリンなど)と呼ばれる薬を服用している場合は、リファキシミン Xifaxanと一緒に服用すると、吸収されるリファキシミン Xifaxanの量が増加する可能性があるため、服用前に医師に伝えてください。

◯妊娠中の方、または授乳中の方は、リファキシミン Xifaxanの服用前にヘルスケア提供者にご相談ください。

リファキシミン Xifaxanはウイルス感染症を治療するものではありません。

◯症状が同じでも、 薬を他の人と共有しないでください 。

リファキシミン Xifaxanは、すべての細菌性形態の旅行者の下痢を治療するものではありません。