ベニカーHCT (Benicar HCT)(Olmesartan HCT)

ベニカーHCT (Olmesartan HCT) とは

ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)は高血圧の治療に使用されます。

高血圧の低下は、脳卒中、心臓発作、腎臓の問題の予防につながります。

この製品はオルメサルタンとヒドロクロロチアジドの2つの薬を含んでいます。オルメサルタンは、アンギオテンシン受容体ブロッカー(ARB)であり、リラックスすることによって血液がより容易に流れることができます。

ヒドロクロロチアジドはあなたがより多くの尿を作る要因となる「ウォーターピル」(利尿薬)です。そして、それは体が余分な塩と水を取り除くのを助けます。

ベニカーHCT (Olmesartan HCT) 用法・用量

ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)は食事の有無にかかわらず、通常は一日一回、医師の指示どおりに服用してください。

この薬によって頻繁に排尿するのであれば、就寝中の起床の必要がないように、就寝時刻の少なくとも4時間前に服用することをお勧めします。

コレステロールを下げるために特定の薬(コレスチラミン、コレセベラム、コレスチポールなどの胆汁酸結合樹脂)を服用する場合は、これらの薬の少なくとも4時間前または少なくとも4〜6時間後にこの製品を服用してください。

ベニカーHCT (Olmesartan HCT) 副作用

ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)の副作用として、

◯めまいや立ちくらみ

めまいやふらつきのリスクを軽減するために、座ったり横になったりしたときはゆっくりと起き上がってください。

◯極度の喉の渇き

◯口が乾く

◯筋肉のけいれん / 脱力

◯速い/遅い/不規則な心拍、混乱

◯脱水やミネラルの損失の症状

◯失神

◯眼痛の症状

◯高カリウム血(例えば筋力低下など、遅い/不規則な心拍)

◯腎臓の問題(尿量の変化、重度、持続性下痢)

◯深刻なアレルギー反応

発疹、かゆみ /腫れ(特に顔、舌、のど)、ひどいめまい、呼吸困難など、深刻なアレルギー反応の症状が見られたら、すぐに治療を受けてください。

ベニカーHCT (Olmesartan HCT) 注意事項

◯ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)を服用する前に、ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)の成分またはその他にアレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。ベニカーHCT (オルメサルタンHCT)には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、特に、痛風、腎臓病、肝臓病、体内の水分やミネラルの損失(脱水)について医師に相談してください。

◯この薬はめまいめまいを引き起こす可能性があります。安全が確認できるまで運転や機械の操作は控えてください。

◯激しい発汗、下痢、または嘔吐は、体のふらつきや水分の深刻な喪失(脱水)のリスクを高める可能性があります。長期の下痢または嘔吐がある場合は主治医に報告してください。脱水症状を防ぐために、医師から指示がない限り、大量の水分を飲んでください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯糖尿病を患っている場合、この製品は血糖に影響を与える可能性があります。指示に従って定期的に血糖値をチェックし、結果を医師と共有してください。あなたの医者はあなたの糖尿病治療、運動プログラム、または食事療法を調整する必要があるかもしれません

◯この薬は太陽に対して敏感にするかもしれません。日焼けや日光灯は避けてください。屋外では日焼け止めを使用し、防護服を着用してください。日焼けしたり、皮膚の水ぶくれ /赤みがある場合は、直ちに医師に相談してください。

◯高齢者はこの薬の副作用、特にめまいや尿量の変化(腎臓の問題)に敏感です。

◯妊娠中の女性にはこの薬を使用しないでください。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。

◯授乳中の女性にはこの薬を使用しないでください。授乳中の赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。