ベナドリル (Benadryl) (Diphenhydramine)

ベナドリル (Benadryl) (Diphenhydramine) とは

ベナドリル (ジフェンヒドラミン)アレルギー花粉症、そして風邪の症状を和らげるのに使われる抗ヒスタミン薬です。これらの症状は、発疹、かゆみ、涙目、かゆみ目 /鼻/喉、咳、鼻水、およびくしゃみを防ぎます。それはまた、乗り物酔いによって引き起こされる気分の悪さ、嘔吐およびめまいを予防および治療するためにも使用される。ジフェンヒドラミンはまた、リラックスして眠りに落ちるのを助けるのに使用することもできます。

ベナドリル (Benadryl) (Diphenhydramine) 用法・用量

12歳以上の大人と子供は25 mg〜50 mg(1〜2カプセル)。

6歳から12歳未満の子供は12.5 mg から25 mg(1カプセル)。

1日300mgを超えないようにしてください。

不眠症は就寝30分前に50mgの摂取量で治療されます。

ベナドリル (Benadryl) (Diphenhydramine) 副作用

ベナドリル (ジフェンヒドラミン)の一般的な副作用として、

◯眠気

◯めまい

◯便秘

◯胃のむかつき

◯かすみ

◯口の乾燥

これらの症状のいずれかが持続または悪化する場合は、速やかに医師または薬剤師に相談してください。

口渇を軽減するには、(シュガーレス)キャンディーやガムをかむ(シュガーレス)、水を飲む、または代用唾液を使用します。

次の重要な副作用が起こる可能性があります。

◯精神的/気分の変化(落ち着きのなさ、混乱など)

◯排尿の困難

◯速い/不規則な心拍

重要な副作用がある場合は、直ちに医師に連絡してください。

ベナドリル (Benadryl) (Diphenhydramine) 注意事項

◯ベナドリル (ジフェンヒドラミン)を服用する前に、ベナドリル (ジフェンヒドラミン)の成分またはその他にアレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。ベナドリル (ジフェンヒドラミン)には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、医師または薬剤師にあなたの病歴、特に呼吸の問題(例えば、喘息、肺気腫)、高圧眼(緑内障)、心臓の問題、高血圧、肝臓病、発作、胃 /腸の問題(潰瘍、閉塞など)、過活動甲状腺(甲状腺機能亢進症)、排尿困難(例えば前立腺肥大による)を伝えてください。

◯この薬はめまいや眠気を生じさせたり、視力をぼやけさせることがあります。

アルコールは、めまいや眠気の症状をより強めます。

安全に運転できるようになるまでは、運転したり、機械を使用したりしないでください。アルコール飲料は避けてください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯高齢者はこの薬の副作用、特に眠気、めまい、混乱、便秘、または排尿障害に敏感です。眠気、めまい、および混乱は転倒の危険性を高めます。

◯妊娠中の女性にはこの薬を使用しないでください。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。

◯授乳中の女性にはこの薬を使用しないでください。授乳中の赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。