ベトプティック S (Betaxolol)

ベトプティック S (Betaxolol) とは

ベトプティック S (ベタキソロール)は、ベータアドレナリン遮断薬または「ベータ遮断薬」として知られている医薬品のファミリーに属します。これは、慢性開放隅角緑内障またはその他の眼内圧上昇の原因を治療するために、眼内圧を低下させるための点眼剤として使用されます。点眼薬の完全な効果は数週間の間見られないことがあります。

ベトプティック S (Betaxolol) 用法・用量

ベトプティック S (Betaxolol)の通常の服用量は1日2回、眼に1滴です。

医師の投与指示に従って使用してください。

使用する直前に点眼薬をよく振ってください。

コンタクトレンズを着用している間は、この薬を使用しないでください。Betoptic Sはソフトコンタクトレンズを変色させることがある防腐剤を含んでいるかもしれません。あなたのコンタクトレンズを入れる前にこの薬を使用した後少なくとも15分待ってください。

点眼薬を使用する前に手を洗ってください。

ベトプティック S (Betaxolol)

ベトプティック S (Betaxolol)の一般的な副作用は次のとおりです。

◯眼の刺激

◯かゆみや涙目

◯かすみ目

◯何かが目に入っているように感覚

◯光に対する感度

ベトプティック S (Betaxolol)のその他の副作用は次の通りです。

◯じんましん、呼吸困難、顔、唇、舌、または喉の腫れなどのアレルギー反応

◯気管支痙攣(喘鳴、胸部圧迫感、呼吸困難)

◯横たわっている間息切れを感じる

◯胸痛、泡状粘液を伴う咳

◯腫れ、急激な体重増加

◯まぶたの垂れ

◯腕や脚の筋肉の脱力

他の症状が起こる可能性があります。

症状が見られた場合は医師に相談してください。

ベトプティック S (Betaxolol) 注意事項

◯ベトプティック S (Betaxolol)を服用する前に、ベトプティック S (Betaxolol)の成分またはその他にアレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。ベトプティック S (Betaxolol)には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、特に喘息、重症慢性閉塞性肺疾患(COPD)、心臓病またはうっ血性心不全の病歴、糖尿病、甲状腺疾患、血液循環障害またはレイノー症候群などの末梢血管疾患、重症筋無力症などの筋肉障害など、医師または薬剤師に病歴を伝えてください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯妊娠中の女性にはこの薬を使用しないでください。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。

◯授乳中の女性にはこの薬を使用しないでください。授乳中の赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。