フィンペシア (Finpecia)

フィンペシア (Finpecia) とは

フィンペシアとはインドのムンバイに拠点を置く製薬会社の「シプラ(Cipla)」が製造と販売を行っているAGA治療薬(男性型脱毛症)の1つです。

このシプラという企業が製造する医薬品はジェネリックと呼ばれる既存の医薬品を基に作られた製品が非常に多く、フィンペシアも例に漏れずジェネリックと呼ばれる種類の医薬品で、プロペシアという医薬品を基にした製品となります。

使用効果としてはAGAの発症によって薄くなってしまった頭皮に新しい髪を生やすような作用があります。

したがって、薄毛によって頭皮に産毛程度の毛しか残っていない状態になってしまったという時、そんな時にもフィンペシアを使用する事によって、元通りの髪を生やすことができます。

国内の医療機関でプロペシアの処方は1錠あたり250円程度の費用がかかるのに対し、個人輸入のフィンペシアだと1錠25~32円くらいまでコストが抑えられるからです。なんと10分の1程度まで安くなるので、個人輸入は危険であるとわかっていたとしても試したくなる人が後をたたないのは頷けます。

フィンペシア (Finpecia) 副作用

◯精力・性欲の減退

◯頭痛・腹痛

◯初期脱毛

◯発ガンリスク

◯胎児に及ぼす影響

◯男性の乳がん

◯肝臓への影響

◯うつ

◯体毛が薄くなる

◯ED(勃起不全)

◯肥満・むくみ

◯前立腺がん

フィンペシア (Finpecia) 注意事項

1. 毎日1錠服用する。基本的に水でもジュースでも何で飲んでも問題なし。

2. 女性や子供は服用してはいけない。子供の手が届かない場所に保管するのが望ましい。

3. 服用を止めて1ヶ月経過しないと献血ができない。

4. 服用中はPSAの値を下げるので、前立腺がんの検査を受ける際は必ず担当医にフィナステリドを飲んでいると伝えること。

5. 服用を開始して効果が出るまでには半年はかかる。

効果が確認できても服用を止めたらAGAは進行する。

6. 割って飲んではいけない。

7. 20歳以上しか安全性は認められていないので未成年は服用しないこと。

年齢だけが原因では無い

AGAだけでなく、薄毛や脱毛症、一般的に「ハゲ」と呼ばれる症状というのは、多くの人が加齢によって発症するものだと思っています。

しかしそれは誤った認識であり、特にAGAに関しては年齢問わず発症する可能性がある症状となっています。

AGAというのは遺伝や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、食生活の悪化、喫煙といった要素によって発症率が上昇する症状です。

したがって、AGAの発症はこれらの要素がいくつも重なっていけば、最悪の場合10代でも発祥する可能性があるのです。