バクトロバン軟膏(ムピロシン)

バクトロバン軟膏(ムピロシン)とは

バクトロバン軟膏ムピロシン)は、ある種の皮膚感染症(膿痂疹など)の治療に使用されます。抗生物質です。それは特定のバクテリアの成長を止めることによって働きます。

バクトロバン軟膏(ムピロシン)用法・用量

まず患部をきれいにして乾かします。その後、医師の指示に従って、通常1日3回、少量の軟膏をその領域に塗ります。治療部位を包帯で覆うことができます。

効果が現れるように定期的にこの薬を使用してください。数日後に症状が消えても、処方された全期間使用し続けます。あまりにも早く薬をやめると、感染が再発することがあります。

バクトロバン軟膏(ムピロシン)副作用

バクトロバン軟膏(ムピロシン)の副作用として、

◯軽度の灼熱感または刺痛が起こることがあります。重度の灼熱感、刺痛、または刺激がある場合は、この薬の服用を中止して直ちに医師に伝えてください。

◯この薬は、耐性菌の一種であるため、重度の腸状態(クロストリジウム – ディフィシル関連下痢)を引き起こす可能性があります。この状態は、治療中または治療停止後数週間から数ヶ月で発生する可能性があります。発症した場合は直ちに医師に相談してください。

◯この薬を長期間または繰り返し使用すると、真菌または酵母菌による新しい皮膚感染症が発生することがあります。新しい感染の兆候に気付いた場合、または現在の感染が良くならなかった場合、またはそれが悪化した場合は、直ちに医師に相談してください。

バクトロバン軟膏(ムピロシン)注意事項

◯バクトロバン軟膏(ムピロシン)服用する前に、成分またはその他にアレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。バクトロバン軟膏(ムピロシン)はアレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、特に腎臓病(ポリエチレングリコールを含むムピロシンのブランドを使用している場合)について、医師または薬剤師にあなたの病歴を伝えてください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯妊娠中の女性にはこの薬を使用しないでください。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。

◯授乳中の女性にはこの薬を使用しないでください。授乳中の赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。