バイアグラ (Viagra)

バイアグラ (Viagra) とは

バイアグラ (Viagra)とはアメリカの製薬会社ファイザーが開発し、1998年3月、アメリカ食品医薬品局により販売が許可された、勃起不全 (ED) の治療薬です。

日本でも1999年には認可され、陰茎を直接勃起させるのではなく、勃起を阻害する体内酵素の働きを弱めることによって勃起を促進、維持させるものです。従来の勃起不全(ED)治療薬と異なり、通常、性交の1時間前に1錠飲用するだけで効果があることからアメリカでは発売と同時に大ヒットとなり,日本でも大きな話題となりました。

バイアグラ (Viagra) 用法・用量

バイアグラは1日1回しか服用できません。25mg50mgともに1錠服用したら24時間は服用できません。この間隔が守られていれば連日服用しても問題はありません。

性行為の約1時間前にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用してください。

バイアグラ服用後、40分~1時間程度で体内に吸収され、その後5時間程度効果があります。そのため、性行為の約1時間前がバイアグラの正しい服用タイミングとされています。

ただ食事後は効果発現時間が遅れたり効果が半減したりするケースもバイアグラの特徴の一つとしてあります。

1番効果的である空腹時に服用されるか、食後時間を明けてから服用するなどの注意が必要になります。

1回に必要な用量には個人差がありますので必ず医師の診察を受けてください。

バイアグラ (Viagra) 副作用

バイアグラの効果が現れる際に多く起こるのが「顔が赤くなる」「顔の火照りを感じる」ことです。ただしこれに関しては効果が出ているということなので心配は入りません。

その他には「頭痛」「動悸」「鼻炎」「不快感」や光に過敏になり色が違って見えたりする「視覚異常」などがありますが、2~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。

どうしても気になる症状がでるとき、他の副作用または異常を感じたときには服用を中止し、必ず医師にご相談ください。

また、服用後4時間を越えて勃起が続く場合は、勃起機能に危険が及ぶ可能性がありますのですぐ医療機関で診察を受けてください。

バイアグラ 注意事項

1. バイアグラを使用する時は性行為の約1時間前に飲んでください。

その時の体調などによって多少変化はありますが、効果は1時間程度で現れます。

2. 食事のあとや満腹時に服用すると効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。また空腹時の服用は効果が早く現れる場合があります。

3. バイアグラは飲むだけで勃起をする薬ではありません。性的刺激がなければ勃起はしません。

勃起をさせるための薬ではなく勃起した時に、勃起を補助します。性的興奮作用や性欲増進作用はなく、性行為感染症を防ぐ効果もありません。

4. バイアグラを飲んだ後は、自動車や機械の運転操作には注意してください。

服用後の副作用によりめまい視覚障害を起こす場合があります。

5. バイアグラの服用は1日1回を守って24時間以内の連続服用は控えてください。

決められた用法・用量に従ってください。多量に摂取したからといって効果が持続・増進したりすることはありません。副作用が現れるなどかえって健康を害する恐れがあります。

6. お酒との併用

適量の飲酒はアルコール自体に精神安定作用(リラックス作用)がありますのでバイアグラの効果を引き出すことが可能です。 しかし、飲み過ぎるとかえって逆効果になりますのでご注意ください。

バイアグラ 服用前に、当てはまる場合は医療機関に相談してください。

バイアグラが使用できない可能性があります。

心臓発作、不整脈、狭心症、胸痛、大動脈弁狭窄、心不全などの心臓の問題。

過去6か月以内に心臓手術を受けたことがある方、肺高血圧症、脳卒中を起こした方、

低血圧または、高血圧、4時間以上続く勃起をしたことがある方。

鎌状赤血球、貧血、多発性骨髄腫、白血病などの血球に問題がある方。

網膜色素変性症、まれな遺伝性眼疾患の方。

これまでに重度の視力喪失を経験したことがある方。

出血の問題、胃潰瘍の有無、肝臓・腎臓に問題がある、または腎臓透析を受けている方。