ゼニカル(Xenical)

ゼニカル(オルリスタット)(Xenical)とは

ゼニカル(オルリスタット)は、食物脂肪の吸収を阻害することによって作用する肥満管理のための胃腸リパーゼ阻害剤です。

摂取した脂肪分の約30%を体に吸収させず体外へ排泄されるようにするものです。

アメリカ合衆国での治験の結果、1年間の投与により5%の体重減少が見られた成人が60%、10%の体重減少が見られた成人が27%もいました。

なお、薬は食欲を抑制するものではありません。日本国内においては治験あるいは製造承認申請中です。

ゼニカル(オルリスタット)用法・用量

ゼニカル(オルリスタット)の推奨用量は、脂質を含む各食事と一緒に1日3回120mgカプセル1錠です(食事中または食事の後1時間まで)。

脂肪が含まれた栄養的にバランスの取れた低カロリーの食事を摂ることが重要です。食事ができなかった場合、または脂肪を全く含まない食事であった場合は、ゼニカル(オルリスタット)の服用はなしでも大丈夫です。

ゼニカルは、脂溶性ビタミンとβ-カロテンの吸収を減少させることがわかっています。十分なビタミンを摂取できるようにマルチビタミン剤などを取るようにしてください。

またβカロテンの吸収も減少させるため野菜の摂取量もいつもより増やしてください。

1日3回120mgを超える用量を摂取しても、効果が高まるということは認められていません。

便中脂肪測定に基づくと、ゼニカルの効果は投与後24〜48時間で見られます。治療を中止すると、便脂肪含有量は通常48〜72時間以内に服用前のレベルに戻ります。

ゼニカル(オルリスタット)副作用

ゼニカル(オルリスタット)の副作用には、胃のむかつき、油分を含んだ排便、排便回数の増加、排便時でなくても油分が漏れてしまうなどがあります。

ゼニカル(Xenical)注意事項

◯ゼニカルの過剰摂取

◯妊娠をしている方

◯慢性吸収不良症候群の患者

◯胆汁うっ滞のある患者

◯ゼニカルの成分に対する過敏症が認められている患者

ゼニカル(オルリスタット)注意事項

下記に当てはまる方は服用を控えてください。

◯妊娠している

◯常に食物の吸収に問題がある(慢性 吸収不良)

◯胆嚢の問題(胆汁うっ滞)

◯ゼニカルの成分にアレルギーがある。

以下に当てはまる方はゼニカルを服用する前に、医師に相談してください。

◯肝臓に問題がある

◯腎臓の問題がある

◯甲状腺に問題がある

◯拒食症や過食症などの摂食障害がある

◯糖尿病

◯発作性障害(てんかん)

◯異常な心臓のリズム(不整脈)がある

◯ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

◯授乳中または授乳予定。ゼニカルが母乳に入るかどうかはわかりません。授乳前に医師に相談して、ゼニカルを服用してください。

◯妊娠中または妊娠予定の場合は、ゼニカルを服用しないでください。

◯処方薬、市販薬、ビタミン剤、ハーブ系サプリメントなど、服用しているすべての薬について医師に相談してください。