シクレソニド (Alvesco)

シクレソニド (Alvesco)(Ciclesonide) とは

シクレソニド (Alvesco)とは、喘息の治療のために肺に吸入されます。喘息は、肺の内膜が炎症を起こし(赤く腫れ)、呼吸が困難になる病気です。

シクレソニド (Alvesco)は突然、激しいまたは継続的な喘息発作の間にあなたに喘鳴や息切れの即時の軽減を与えることはありません。このような状況では、別の薬、いわゆる気管支拡張薬を含む即効性の「緩和剤」吸入器を使用する必要があります。

アルベスコはコルチコステロイドと呼ばれる薬の家族に属しているシクレソニドと呼ばれる薬を含んでいて、シクレソニド (Alvesco)定量吸入器は、測定された量のシクレソニドを送ります。これは、炎症を軽減し、気道を開いた状態に保つのを助けるために、気道に直接作用します。そうすることで、この薬はあなたの状態を改善し、喘息発作が起こるのを防ぐのを助けます。それは「予防」であり、定期的に服用する必要があります。

シクレソニド (Alvesco) 用法・用量

通常、成人は1回主成分として100〜400μgを1日1回吸入します。症状により適宜増減されますが、1日の最大吸入量は4吸入(800μg)が限度です。1日に4吸入する場合は、朝、夜の1日2回に分けて吸入してください。通常、小児は主成分として100〜200μgを1日1回吸入しますが、良好に症状がコントロールされている場合は50μg1日1回まで減量されます。この薬は1吸入中に主成分200μgを含みます。必ず指示された使用方法に従ってください。

使用する時は使用説明書(「オルベスコのご使用にあたって」)をよく読んで使用してください。

吸入後はできるだけうがいをしてください。うがいができない場合は口をすすいでください。

シクレソニド (Alvesco) 副作用

シクレソニド (Alvesco) の副作用は、

◯吐き気

◯口の中に感じる変な風味

◯口の乾燥

◯口やのどの刺激

◯皮膚の発疹

◯高血圧;

◯シクレソニド (Alvesco)使用直後に呼吸困難が増した。

症状があらわれた場合は、ただちに医師に相談するか、最寄りの病院の事故救急病院に行ってください。

◯唇、口、舌または喉の腫れ。

◯呼吸困難

◯重度の発疹

◯ごくまれに、コルチコステロイドの吸入によって、不安、憂鬱、過敏、または睡眠障害が生じることがあります。

シクレソニド (Alvesco) 注意事項

◯アレルギーがある場合は、医師または薬剤師に相談してください。

◯真菌感染症、細菌感染症、またはウイルス感染症の治療を受けている場合は、医師に相談してください。いくつかの治療法はシクレソニド (Alvesco) と相互作用する可能性があります。

◯妊娠している、妊娠の予定がある場合、医者に話してください、ほとんどの薬と同様に、アルベスコは妊娠中の使用にはお勧めできません。医師と相談してください。

◯授乳をしている、授乳を計画している場合は医師に相談してください。

◯感染症患者は医師に伝えてください。

◯結核(TB)がある場合は医師に伝えてください。

◯肝疾患を患っている場合は医師に相談してください。