グリメピリド (Amaryl)

グリメピリド (Amaryl)とは

グリメピリド (Amaryl)は、2型糖尿病患者の治療に使用される経口血糖降下薬です。

有効成分グリメピリドを含み、糖尿病薬のスルホニル尿素クラスに属します。それは天然のインスリンの分泌を高め、血糖値調節ホルモンに対する体の感受性を高めることによって働きます。

グリメピリド (Amaryl)は、食事療法や運動だけでは血糖(血糖)コントロールを達成できない2型糖尿病の成人の治療に適応されます。

グリメピリド (Amaryl)は、単独で(単剤療法)またはメトホルミン(シタグリプチン)またはインスリンと組み合わせて服用することができます。

グリメピリド (Amaryl) 用法・用量

アマリル錠は1mg、2mg、3mgおよび4mgの用量で入手可能です。

通常、グリメピリドは1日1回で足ります。

朝食の直前または途中、または朝食をスキップする場合は最初の本格的食事の直前または途中に、何らかの液体と共に服用することをお勧めします。

あなたの血糖値レベルに応じて投与量と投与頻度を決定します。

服用を忘れた場合は、次の食事からもう一度投薬計画を始めてください。2回分を同時に服用しないでください。

グリメピリド (Amaryl) 副作用

グリメピリド (Amaryl)の一般的な副作用は、

◯頭痛

◯めまい

◯吐き気

◯皮膚の発疹およびアレルギー反応低血糖(低血糖)

または低血糖の症状

非常にまれな副作用は、

◯下痢

◯呼吸困難、血圧低下またはショックを含む過敏反応

◯黄疸

◯肝臓の問題

◯代謝の問題

◯胃の痛みと不快感

◯嘔吐

記載された以外の副作用が起こる可能性があります。

グリメピリド (Amaryl) 注意事項

◯グリメピリドを服用する前に、アレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、特肝臓病、腎臓病、甲状腺疾患、特定のホルモンの条件(下垂体/副腎不全、抗利尿不適合分泌症候群ホルモン -SIADH)、電解質異常(低ナトリウム血症)を患っていた場合は医師または薬剤師に相談してください。

◯かすみ目、めまい、眠気を感じる場合があります。

運転や機械の操作は十分気をつけるか、避けるようにしてください。

◯この薬を飲んでいる間アルコールを制限してください。

◯(熱、感染、怪我、手術などの理由で)体にストレスがかかると、血糖値を制御するのが難しくなります。これはあなたの治療計画、薬、または血糖値テストの変更を必要とするかもしれないのであなたの医者に意見を聞いてください。

◯この薬は太陽に敏感になります。日焼けブースや日光は避けてください。屋外では日焼け止めを使用し、防護服を着用してください。日焼けしたり、皮膚の水ぶくれ/赤みがある場合は、直ちに医師に相談してください。

◯使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯高齢者はこの薬の副作用、特に低血糖になりやすくなる可能性があります。

◯妊娠中、妊娠予定の場合、服用前に主治医と話し合ってください。

◯授乳中、授乳予定の場合、授乳する前に医師に相談してください。