エイゾプト点眼液 (Azopt) (ブリンゾラミド)

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド)  とは

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド)は眼内の圧力が上昇した炭酸脱水酵素阻害剤と呼ばれる薬のグループに属する有効成分ブリンゾラミドを含んでいます。

高眼圧症開放隅角緑内障のような眼内の圧力の上昇を引き起こす眼の障害を治療するために使用されます。

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド) 用法・用量

1回1滴を1日2回点眼しますが、十分な効果が得られない場合は1回1滴を1日3回点眼することがあります。必ず指示された使用方法に従ってください。

点眼前によく手指を洗い、キャップをよく振ってから点眼してください。コンタクトレンズをつけている場合には、点眼前にコンタクトレンズを外し、点眼後15分以上経過してからコンタクトレンズをつけてください。

点眼後はまぶたを閉じ、1〜5分間目がしらを指先でおさえてください。あふれた液は清潔なティッシュなどでふき取ってください。

他の目薬を次に点眼する場合は10分以上間隔をあけてください。

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド) 副作用

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド)の可能性がある副作用として、

◯まぶたの炎症(眼瞼炎)

◯ドライアイ

◯目のかゆみ

◯ぼやけた視界

◯目の刺痛や灼熱感

◯目に入っている何かの感覚

◯頭痛

◯異常な味

◯口渇

エイゾプト点眼液 (ブリンゾラミド) 注意事項

◯これらの点眼剤を使用するときは、点眼剤が汚染されないように、点滴器の先端が表面や目に触れないように注意する必要があります。

◯アゾプト点眼剤には、ソフトコンタクトレンズで吸収され、眼刺激を引き起こす可能性のある防腐剤塩化ベンザルコニウムが含まれています。ソフトコンタクトレンズを着用している場合は、これらの目薬を入れる前にそれらを取り外す必要があります。あなたはコンタクトレンズを元に戻す前に滴を使用した後少なくとも15分待つべきです。

◯適用した後、この薬は視力を一時的にぼやけさせることがあります。症状がなくなるまで運転したり機械の操作をしたりしないでください。

◯この薬は血流に吸収される可能性があり、そこで過敏症(アレルギー)反応を引き起こす可能性があります。重度の皮膚発疹など、点眼薬に対して深刻な反応が見られる場合は、使用を中止して医師に相談してください。

◯肝障害、角膜障害(角膜内皮細胞の減少など)があったりコンタクトレンズを使用している場合は医師に相談してください。

◯妊娠中、妊娠予定の場合は事前に医師に相談してください。

◯授乳中、授乳予定の場合は事前に医師に相談してください。