アレルギーの原因であるダニ対策

アレルギーに悩んでいませんか?原因はダニかもしれません。

ハウスダストの中に何種かのダニが生息しています。

ダストダニはどうアレルギーに影響する?

ダニは、肉眼では見えず、湿度がおよそ70%から80%で、気温が20度以上の環境を好みます。

ダニのえさは、人間のフケ、アカ、汗、皮膚、髪の毛、ペットの毛など。

ダニは布団(マットレス)、枕、毛布、カーペットそして布製のソファなど、吸水性があり隠れられる場所を好みます。

ダニダストが体内に一定量侵入することで、体はダニアレルゲンに反応しやすい状態になります。そこへさらにダニやダニの糞が侵入することで、体の中で化学伝達物質が放出され、鼻水、くしゃみ、目のかゆみや充血などのアレルギー症状が引き起こされます。

症状

◯くしゃみをする

◯鼻水または鼻づまり

◯目のかゆみ、充血または涙目になる

◯鼻詰まり

◯せき、喘息

ダニダストを取り除く方法

ダニの繁殖率が高いため完全に取り除くのは難しいですが、予防によって被害を最小限に抑えることが可能です。

1.隠す

マットレス、枕、そして羽毛布団にダニを通さないカバーをかけます。

ダニが通れないため蓄積を防ぎます。

2.寝具を定期的に洗う

ダニダストを効果的に除去するには54度を超えるお湯で寝具を毎週洗ってください。

洗濯後完全に乾かすことも重要です。

布団乾燥機にかけるのが有効的です。

3.畳とカーペットの組み合わせはNG

畳とカーペット、どちらも吸水性があります。もちろん湿気だけでなく、隠れる場所もたくさんできてしまい、ダニにとってこの上なく、住みやすい環境を作ることになってしまいます。

4.スチームクリーナーを利用

スチームクリーナーは122℃以上の高温でダニを駆除できます。

ある研究では、家庭用スチームクリーナーがカーペットのダストダニを平均86.7%減らすことがわかっています。

5.室内の湿度を下げる

ダニは高い室温を好むので、あなたの家の湿気を減らすことは、ダニを駆除するための鍵です。除湿機を使用するなど、湿度レベルを50%以下に保つことを目指してください。

6.晴れた日は、季節に関係なくまめに換気

エアコンなどの普及によって室内の湿度は季節に関係なく60~70%に保たれています。特にカーペットを敷いている部屋では、さらに湿度は高くなります。

カラッと晴れた日なら、冬でも窓を開けるなどして換気しましょう。

7.ダニの餌をなくす

ダニの餌になる食べかす、髪の毛やフケ、ペットの毛や餌などを掃除しましょう。

最後に

部屋を綺麗に保ち、適度な除湿を心がけ、ダニの住みづらい環境を保つことが大切です。

効果的に対策をして、家族をアレルギーから守りましょう

FAQ

Q.ダニってどのくらいで繁殖するの?

A.チリダニの場合、卵から成虫までの発育期間は2週間~1ヶ月、寿命は2~3ヶ月。この間に50~100個の卵を産み、10週間で30匹が1万匹に増えるほど繁殖力はすさまじいものです。

Q.家ダニって何種類いるの?

A.家庭で見つかるダニは約30種類。アレルギー性疾患の原因となるのは、8割以上を占める「チリダニ科ヒョウダニ属」の「コナヒョウダニ」と「ヤケヒョウダニ」です。(人を刺すダニとは別の種類)

Q.ダニってどのくらいフンをするの?

A.えさが十分ある状態のダニは1日平均6個のフンをし、1匹のダニが一生の間にするフンは約500個とも言われます。