アルブテロール (Albuterol Nebules)

アルブテロール (Albuterol Nebules) とは

アルブテロール (Albuterol Nebules)とは喘息急性気管支痙攣、および運動誘発性気管支痙攣の予防の管理のために、成人および小児に使用されます。

アルブテロール (Albuterol Nebules) 用法・用量

ネブライザーによる:1日3〜4回、2.5mg(0.5mLの0.5%を滅菌生理食塩水で3mLに希釈、または3mLの0.083%)

アルブテロール (Albuterol Nebules) 副作用

アルブテロール (Albuterol Nebules)の一般的な副作用は次のとおりです。

◯片頭痛

◯片頭痛以外の頭痛

◯吐き気

◯胃のむかつき

◯インフルエンザのような症状

◯風邪の症状

◯耳の感染症(中耳炎)

◯気管支炎

◯咳

◯アレルギー反応(発疹、 じんましん、 かゆみ)

◯緊張感、震え、喘鳴

◯増加した痰

◯息切れ

考えられる重大な副作用は次のとおりです。

◯気管支痙攣(喘息の悪化 )

◯深刻なアレルギー反応(アナフィラキシー)

◯糖尿病の悪化

◯低カリウム

◯異常な心臓のリズム(動悸)

◯速い心拍数

◯血圧上昇

◯胸痛

アルブテロール (Albuterol Nebules) 注意事項

◯アルブテロールに対してアレルギーがある場合、また他のアレルギーを抱えている場合は、服用前に医師に相談してください。

◯過度の使用は避けてください。

交感神経刺激薬に対する感受性、逆説的な気管支痙攣または心血管系の影響が生じた場合は中止してください。

◯心血管疾患(例、冠動脈不全、不整脈、高血圧)、糖尿病、甲状腺機能亢進症、発作性疾患に問題がある、または問題があった場合は服用前に医師に相談してください。

◯お年寄りは副作用に敏感になる場合があります。異常が見つかった場合はすぐに医療機関に連絡してください。

◯妊娠中、妊娠予定がある場合は服用前に医師に相談してください。

◯授乳中、授乳予定がある場合は医師に相談してください。