アルツハイマー病 と 認知症!知っておくべきこと

アルツハイマー病認知症との違いは何?

アルツハイマー病と認知症の両方についてはまだ多くのことがわかっていないため、この2つがよく混同されることがよくあります。

認知症は、アルツハイマー型認知症によって認知症が引きおこされていて判断力が低下したり記憶力が低下し日常活動やコミュニケーションのパフォーマンスに悪影響を及ぼすといった症状あるいは状態です。その症状を引きおこす病気の一つがアルツハイマー型認知症です。認知症患者の約60%から80%の人々はアルツハイマー病と診断されていることが分かっています。

 アルツハイマー病は、言語、記憶、および思考に関与している脳の特定の部分に影響を与える一種の認知症です。

アルツハイマー病患者にとって、会話をしたり毎日の仕事をしたりすることは日々困難になります。その他の一般的な症状には、気分の変化、攻撃性、混乱などがあります。

若者はアルツハイマー病と認知症の両方を発症する可能性があり、年齢が上がるにつれてリスクが高まります。それでも、両方の病気が老化の正常な結果であるとは考えられていません。

アルツハイマー病の治療

前述のように、この病気の治療法はまだ見つかっていません。しかし、症状を悪化させないための薬があります。信頼できるアルツハイマー病の薬は以下のとおりです。

Namenda

Namendaは化学名memantineを持ち、アルツハイマー病の特徴である中等度から重度の症状を治療するために使用されます。この薬は、脳内の異常な興奮のレベルを下げることによって機能するNMDA受容体拮抗薬と呼ばれるグループに属しています。Namendaは、この病気の治療法ではなく、進行速度を遅くするものでもありませんが、アルツハイマー病の患者さんが日常業務に簡単に沿って進み、明確に考えるのに役立ちます。それはまた意識と記憶を改善するかもしれません。しかし、それは一人一人が薬に異なって反応するので個人に依存します。

NAMENDAの商品を見る

エクセロンパッチ

エクセロンパッチはリバスチグミンを含み、コリンエステラーゼ阻害剤と呼ばれる医薬品の分類に含まれています。エクセロンパッチは、アルツハイマー病の軽度から中等度の症状を治療するのに役立ちます。エクセロンパッチの化学物質は、人の記憶と学習において重要な役割を果たすアセチルコリンと呼ばれる化学物質の分解を防ぎます。リバスチグミンは、言語、オリエンテーション、および記憶などの認知機能も改善することができます。それはまた、日常の活動を実行する人の能力を向上させるかもしれませんが、やはり、個々の反応は異なる可能性があります。

EXELON PATCH製品を見る

別のオプション

アルツハイマー病の軽度から中等度の症状を助けることができるもう一つの効果的な薬はアリセプトと呼ばれています。さらに、信頼できる薬物治療とは別に、非薬物治療もアルツハイマー病に役立ちます。これらには、支援療法への参加や専門家との会話が含まれます。多くの医療専門家にとって、このような病気との闘いでは、薬物治療と無薬物治療の組み合わせが好ましい結果をもたらします。

アリセプト製品を見る

FAQ

Q. 認知症の予防はある?

A. 決定的な方法はありませんが、バランスのとれた食事や適度な運動、生活習慣を整えることは多くの病気のリスクを減らします。

Q.認知症の初期症状は?

A.「もの忘れ」から気づかれることが多いようです。また、比較的初期からものごとの「理解や判断速度の低下」や「集中力・作業能力の低下」も始まるため、日常的な家事や趣味などにも下記のような変化が表れます。

Q.認知症の種類って何?

A. 6割以上がアルツハイマー病だと言われています。他の原因疾患には、血管性認知症やレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。