アモキシシリン (Amoxicillin)

アモキシシリン (Amoxicillin) とは

アモキシシリン (Amoxicillin)はペニシリン系抗生物質です。

胸部感染症(肺炎を含む)、膿瘍、尿路感染症(UTI)などの細菌感染症の治療に使用されます。

子供の耳の感染症や胸部の感染症の治療によく使われます。

この抗生物質は細菌感染症のみを治療します。ウイルス感染(風邪、インフルエンザなど)には効果がありません。

薬は処方箋でのみ入手可能です。

アモキシシリン (Amoxicillin) 用法・用量

アモキシシリンの通常の服用量は1日3回服用し、用量は250mgから500mgです。

子供の線量は変わります。医師に相談してください。

カプセル全体を水を飲みながら飲み込む。噛んだり壊したりしないでください。

アモキシシリン (Amoxicillin) 副作用

アモキシシリン (Amoxicillin)の一般的な副作用は、

◯気分が悪くなる(吐き気)

◯下痢

これらの副作用が続く場合、医師または薬剤師に相談してください。

まれに起こる可能性がある重大な副作用は、

◯血液や粘液を含む下痢(おそらく胃のけいれんを伴う)。

4日以上重症の下痢がある場合は、医師に相談してください。

◯濃い排尿、淡色のうんち

◯皮膚の黄色化またはあなたの目の白身(肝臓または胆嚢の問題の兆候)

◯あざや皮膚の変色

◯薬を飲んで2日後に起こる関節や筋肉の痛み

◯円形の赤い斑点がある皮膚の発疹

これらの深刻な副作用のいくつかは、アモキシシリンを終えた後2ヵ月以内に起こることがあります。

◯深刻なアレルギー反応

15人に1人がアモキシシリンにアレルギー反応を起こしています。

ほとんどの場合、アレルギー反応はかゆみを伴うかぶれた皮膚の発疹、せき、など軽度です。

まれに、アモキシシリンが深刻なアレルギー反応(アナフィラキシー)を引き起こすことがあります。

アモキシシリン (Amoxicillin) 注意事項

◯アモキシシリンを服用する前に、アレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。またはペニシリンまたはセファロスポリン系抗生物質。または他にアレルギーを抱えている場合も医師や薬剤師に相談してください。この製品には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。

◯この薬を使用する前に、特に腎臓病、ある種のウイルス感染症(感染性単核球症)の病歴を医師または薬剤師に伝えてください。

◯予防接種を受ける場合は事前にアモキシシリンの服用を医者に伝えてください。

◯使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯妊娠中、妊娠の予定がある場合、服用前に主治医と話し合ってください。

◯授乳中、授乳予定がある場合は授乳する前に医師に相談してください。