アミトリプチリン (Amitriptyline)

アミトリプチリン (Amitriptyline) とは

アミトリプチリン (Amitriptyline) は、うつ病などの精神的/気分の問題を治療するために使用されます。それは気分や幸福感を改善し、不安や緊張を和らげ、睡眠の改善、エネルギーレベルを高めるのに役立ちます。この薬は三環系抗うつ薬と呼ばれる薬のクラスに属しています。それは脳内の特定の天然化学物質(セロトニンなどの神経伝達物質)のバランスに影響を与えることによって機能します。

アミトリプチリン (Amitriptyline) 用法・用量

アミトリプチリン (Amitriptyline)を通常1〜4回、毎日または医師の指示として経口で服用します。1日1回だけ服用する場合は、就寝時に服用して、昼間の眠気を軽減してください。投与量は病状と治療状況に反応によって判断されます。

アミトリプチリン (Amitriptyline) 副作用

アミトリプチリン (Amitriptyline)の副作用は、

◯眠気

◯めまい

◯口渇

◯かすみ目

◯便秘

◯体重増加

◯排尿トラブル

これらの効果のいずれかが持続または悪化する場合は、速やかに医師または薬剤師に連絡してください。

副作用の対処として、

・めまいのリスク軽減するために立ちくらみの際は座ったり、ゆっくりと立ち上がるなどしてください。

・口渇を軽減するには、(シュガーレス)ハードキャンディーや(シュガーレス)ガムを噛む、水を飲むなどしてください。

・便秘を防ぐために、食物を繊維で十分に保ち、多量の水を飲み、そして運動もしてください。この薬の使用中に便秘になった場合は、下剤を選択する際に薬剤師に相談してください。

まれにある重大な副作用は、

◯重大な傷害/出血

◯持続性の胸やけ、震え、

◯筋肉のけいれん

◯激しい胃 / 腹痛、

◯性的能力/欲求の低下、

◯肥大/痛みのある胸

◯激しいめまい、嘔吐

◯失神、発作、眼痛 /腫れ/赤み、

◯発熱、筋肉のこわばり、重度の混乱、発汗、速い/不規則な心拍など神経遮断性悪性症候群(NMS)の症状

アミトリプチリン (Amitriptyline) 注意事項

◯アミトリプチリン服用前に、薬にアレルギーがあるか、または他のアレルギーがあるかどうか、他の三環系抗うつ薬(ノルトリプチリンなど)を服用しているかを医師または薬剤師に伝えてください。この製品には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、以下が当てはまる場合は医師に相談してください。

出血の問題、呼吸の問題、肝臓の問題、心臓発作、排尿障害(前立腺肥大などによる)、甲状腺機能亢進症(甲状腺機能亢進症)、個人または家族の緑内障の病歴(閉塞型)、精神的/気分状態(双極性障害、精神病など)の個人歴または家族歴、自殺歴、発作、発作のリスクが増大する可能性がある状態(その他など)脳疾患、アルコール離脱)

◯アミトリプチリン (Amitriptyline)は、心臓の律動に影響する症状を引き起こすことがあります(QT延長)。QTの延長は、すぐに医師の診察を必要とする深刻な(めったに致命的ではない)速い/不規則な心拍やその他の症状(重度のめまい、失神など)を引き起こす可能性があります。

◯特定の病状がある場合、またはQT延長を引き起こす可能性がある他の薬を服用している場合は、QT延長のリスクが高まる可能性があります。アミトリプチリンを使用する前に、摂取しているすべての薬について医師または薬剤師してください。

◯血中のカリウムやマグネシウムの低値もまた、QT延長のリスクを増大させることができます。このリスクは、特定の薬(利尿薬 /「ウォーターピル」など)を使用している場合、または激しい発汗、下痢、嘔吐などの症状がある場合には増加することがあります。安全に服用するためアミトリプチリンを使用することについてあなたの医者に相談してください。

◯この薬はめまいや眠気を生じさせたり、視力をぼやけさせることがあります。アルコールは、めまいや眠気をより強めます。

薬の服用中は運転や機械の操作は避け、アルコールも控えてください。

◯使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯太陽に敏感になる可能性があります。

日焼けブースや日光灯は避けてください。屋外では日焼け止めを使用し、防護服を着用してください。日焼けしたり、皮膚の 水ぶくれ /赤みがある場合は、直ちに医師に相談してください。

◯糖尿病を患っている場合、この薬は血糖値のコントロールすることを難しくするかもしれません。定期的に血糖値を測定し、その結果を医師に伝えてください。医者によって糖尿病治療、運動プログラム、または食事療法を調整する必要があるかもしれません。

◯高齢者は、この薬、特に副作用に敏感になる場合があります。口渇、めまい、眠気、錯乱、便秘(上記参照)、排尿困難、とQT延長。めまい、眠気、および混乱は転倒の危険性を高めます。

◯妊娠中、妊娠予定の場合は服用前に医師に相談してください。

◯未治療の精神的/気分の問題(うつ病、不安、パニック障害など)は深刻な状態になる可能性があるため、医師の指示がない限り、この薬の使用を中止しないでください。

◯授乳中、授乳予定の場合は授乳する前に医師に相談してください。