アフィニトール(エベロリムス)

アフィニトール(エベロリムス) (AFINITOR)とは

アフィニトール (エベロリムス) とは、

◯進行乳がん

すでに他の治療薬をがんに投与されている閉経後の女性において、進行ホルモン受容体陽性、HER2陰性の乳がんをエキセメスタンと共に使用する処方薬です。

◯進行腎がん

他の特定の薬が効かなかった場合に、成人の進行性腎臓癌(腎細胞癌またはRCC)の治療に使用される処方薬です。

◯進行性膵神経内分泌腫瘍

進行しており手術で治療することができない膵神経内分泌腫瘍(PNET)として知られている種類の膵臓癌を治療する処方薬です。活発にホルモンを産生するカルチノイド腫瘍を持つ人々には使用できません。

◯胃腸/肺

胃や腸の神経内分泌腫瘍(NET)または肺のような進行性の癌で、手術ができない治療に使用される処方薬です。

活発にホルモンを産生するカルチノイド腫瘍を持つ人々には使用できません。

◯結節性硬化症複合体を伴う腎血管筋脂肪腫

すぐに手術を必要としない腎臓腫瘍、結節性硬化症複合体(TSC)と呼ばれる遺伝的状態で見られる血管筋脂肪腫と呼ばれる腎臓腫瘍の治療に使われる処方薬です。

◯結節性硬化症を合併したSEGA

上衣下巨細胞性星細胞腫(SEGA)と呼ばれる結節性硬化症複合体(TSC)と呼ばれる遺伝的状態を持つ成人および小児の治療に使用される処方薬です。

◯結節性硬化症複合体を伴うてんかん

他の抗てんかん薬の追加治療として、特定の種類のてんかんを有する結節性硬化症複合体(TSC)と呼ばれる遺伝的状態を持つ2歳以上の成人と子供の治療に使用される処方薬です。

アフィニトール (エベロリムス) 用法・用量

アフィニトール (エベロリムス) 錠、1日1回10mg 経口で服用してください。

定期的に治療の進捗状況や副作用を検査してくだい。

多く服用しすぎてしまった場合は直ちに主治医に連絡してください。

飲み忘れた場合は、6時間以内に服用できます。6時間以上経過した場合は、その用量を飛ばして、翌日服用してください。

アフィニトール (エベロリムス) 副作用

一般的な副作用として

口内炎と痛みを引き起こす可能性があります。アフィニトール (エベロリムス) 治療を開始するときには、口腔潰瘍または潰瘍ができる可能性を減らし、その重症度を下げるために、医療提供者から処方の洗口剤を飲むように指示されることもあります。

その他の一般的な副作用は次のとおりです。

◯感染症

◯発疹

◯疲労感

◯下痢

◯腕、手、足、足首、顔または体の他の部分の腫れ

◯腹部(腹部)の痛み

◯吐き気

◯発熱、咳

◯頭痛

◯食欲減退

深刻な副作用には、

◯肺や呼吸の問題

咳、息切れ、胸痛、呼吸困難、または喘鳴など死に至る可能性もあります。

症状がある場合、患者は直ちに医療提供者に相談してください。

◯感染症の発症

◯重度のアレルギー反応を起こす可能性

◯血管浮腫と呼ばれるアレルギー反応を起こす可能性

◯腎不全を発症する可能性

◯創傷治癒の遅れ

◯血中の血糖と脂肪(コレステロールとトリグリセリド)値の上昇。

◯血球数の減少

◯月経期間の欠如

アフィニトール (エベロリムス) 注意事項

アフィニトール (エベロリムス)服用する前に、次のことを含むすべての病状について、医療提供者に相談してください。

◯腎臓に問題があるかどうか

◯肝障害の有無

◯糖尿病や高血糖がある

◯血中コレステロール値が高い

◯感染症がある

◯B型肝炎を患っていた

◯予防接種を受ける予定

◯妊娠している、または妊娠する可能性がある、または妊娠する可能性があるパートナーがいる

◯授乳をしている、授乳を計画している

治療中および服用後2週間は授乳しないでください。

◯最近手術を受けた場合、または治癒していない創傷がある場合

◯処方薬と非処方薬、ビタミン剤、ハーブ系サプリメントなど、服用しているすべての薬について、医療提供者に伝えてください。