アタカンドHCT (Candesartan-Hydrochlorothiazide)

アタカンドHCTとは

アタカンドHCT薬は、高血圧治療に使用されます。

高血圧を下げると、脳卒中、心臓発作、腎臓の問題を防ぐのに役立ちます。この製品は、カンデサルタンとヒドロクロロチアジドの2つの薬が含まれています。カンデサルタンは、アンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)と呼ばれる薬の種類に属します。

それは、リラックスすること血管を血液が流れやすくすることができます。ヒドロクロロチアジドは「ウォーターピル」です(利尿薬)それは最初に薬を始めるとき、尿の量を増やします。それはまた、血液がより容易に流れるように血管を弛緩させるのを助けます。

アタカンドHCT 用法・用量

単独療法として使用されているときは、1日1回16 mgです。

1日1回または2回、1日の総投与量を8 mgから32 mgの範囲で投与することができます。

血圧をさらに下げる必要がある患者は、32 mgまで滴定する必要があります。

32 mgを超える用量では、血圧降下作用が大きくなるとは思われません。

ヒドロクロロチアジドは1日1回12.5〜50 mgの用量で有効です。

アタカンドHCT 副作用

一般的な副作用は、

◯頭痛

◯めまい

◯上気道感染症

◯腰痛

◯インフルエンザ様症候群

起こる可能性がある副作用は、

・カンデサルタン

◯末梢浮腫

◯めまい

◯疲労

◯腹痛

◯下痢

◯吐き気

◯関節痛

◯背中の痛み

◯胸の痛み

◯アルブミン尿

◯気管支炎

◯せき

◯咽頭炎

◯鼻炎

・ヒドロクロロチアジド

◯拒食症

◯心窩部苦痛

◯低血圧

◯起立性低血圧

◯感光性

◯アナフィラキシー

◯貧血

◯混乱

◯多形性紅斑

◯スティーブンス – ジョンソン症候群

◯中毒性表皮壊死症を含む剥離性皮膚炎

◯めまい

◯頭痛

◯高尿酸血症

◯低カリウム血症および/または低マグネシウム血症

アタカンドHCT 注意事項

◯この薬を服用する前に、カンデサルタンまたはこの製品には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。

◯腎臓病(腎動脈狭窄症など)、肝疾患、体水分やミネラルの喪失(脱水)、未治療のミネラルアンバランス(など)低カリウムまたは高カリウム)、痛風、ループスの病歴がある場合は医師または薬剤師に伝えてください。

◯この薬はめまいを起こすことがあります。運転や機械の操作は控えてください。

また飲酒も控えてください。

◯あまりにも多くの発汗、下痢、または嘔吐は、脱水症状のリスク増加、めまいや立ちくらみを招きます。下痢または嘔吐が続くようだったら主治医に報告してください。医師の指示がない限り、脱水症状を防ぐのに十分な水分を摂取するようにしてください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯糖尿病を患っている場合、この薬はあなたの血糖に影響を与える可能性があります。指示に従って定期的に血糖値をチェックし、結果を医師と共有してください。喉の渇き/排尿の増加など、高血糖の症状がある場合は、すぐに医師に相談してください。あなたの医者はあなたの糖尿病治療、運動プログラム、または食事療法を調整する必要があるかもしれません。

◯この薬はあなたのカリウムレベルに影響を与える可能性があります。カリウムを含むサプリメントや塩代替物を使用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

◯ヒドロクロロチアジドは太陽に対してもっと敏感にするかもしれません。太陽の下であなたの時間を制限してください。日焼けブースや日光灯は避けてください。屋外では日焼け止めを使用し、防護服を着用してください。日焼けしたり、皮膚の 水ぶくれ /赤みがある場合は、直ちに医師に相談してください。

◯高齢者はこの薬の副作用、特にめまいや尿量の変化(腎臓の問題)に敏感です。

◯この薬は妊娠中の使用にはお勧めできません。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。(警告セクションも参照)

◯この薬は母乳に入ります。授乳する前に医師に相談してください。