アタカンド (Candesartan)

アタカンド (Candesartan) とは

アタカンド (Candesartan)は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(または遮断薬)と呼ばれる薬の一種です。

アタカンドは高血圧の治療に使用されます。

アタカンドはまた心不全の治療にも使用されます。

病状に合わせて治療するために他の薬と組み合わせて使用​​されます。

アタカンド (Candesartan) 用法・用量

通常の服用量は1日8mgのタブレット1本または16mgのタブレット1個です。

1日1回32mgに増量する必要がある場合もあります。医者の指示を聞いてください。

毎日だいたい同じ時間に、アタカンド (Candesartan)を1日1回服用してください。

食べ物と一緒に摂取するのか、空腹時に摂取するのかは関係ありません。

アタカンド (Candesartan) 副作用

軽度な副作用として、

◯頭痛

◯胸やのどの感染

◯インフルエンザのような症状

◯気分が悪くなる(吐き気、嘔吐)

◯背中の痛み

◯めまい

症状が続く場合や悪化する場合は医師に相談してください。

次のような症状に気づいたら、できるだけ早く医師に相談してください。

◯筋肉の痛み、筋肉の圧痛または脱力

重篤な副作用はまれです。

次のような症状があらわれた場合は、ただちに医師に相談するか、最寄りの病院の事故救急病院に行ってください。

◯顔、唇、舌またはのどの腫れ

◯手、足、または足首の腫れ。

◯呼吸するときつい音

◯発疹、かゆみ、じんましん

◯皮膚や目の黄変

◯通常よりも簡単にあざや出血しやすい

◯極端な疲労、疲労、脱力

◯発熱、激しい悪寒、のどの痛み、口内炎などの頻繁な感染の兆候

◯ほとんどまたは全く尿を通さないこと、眠気、吐き気、嘔吐、息切れ、食欲不振および脱力感を含む腎機能の悪化(特に既存の腎臓障害または心不全の患者)

◯カリウム、ナトリウム、赤血球または白血球のレベルが変化する可能性があります。そのような変化は通常血液検査によって検出されます

◯吐き気、下痢、筋力低下、および心調律の変化

アタカンド (Candesartan) 注意事項

◯アタカンド (Candesartan)にアレルギーがある場合は、使用しないでください。

アレルギー反応の症状のいくつかは次のとおりです。

・息切れ、喘鳴または呼吸困難、顔、唇、舌、または体の他の部分の腫れ、発疹、かゆみ、または皮膚のじんましん

◯次のような場合は、アタカンド (Candesartan)を使用しないでください。

・重度の肝疾患および/または胆汁流障害(胆汁うっ滞)に関連する状態

・アリスキレンを含む血圧薬を服用している場合、特に糖尿病や腎臓の問題がある場合

・妊娠中または妊娠予定の場合

・授乳中、授乳予定の場合

・子供に与えないでください。

・パックに印刷された(有効期限)日までの使用後、またはパッケージが破れている、または改ざんの兆候が見られる場合は、アタカンド (Candesartan)を使用しないでください。

有効期限が切れているか損傷している場合は、廃棄のために薬剤師に返却してください。

この薬を服用するべきかどうかわからない場合は、医師に相談してください。