アジレクト (Azilect) (ラサギリン)

アジレクト (Azilect) (ラサギリン)とは

アジレクト (ラサギリン)は、脳内の特定の化学物質のレベルを上げることによって機能します。

アジレクト (ラサギリン)はパーキンソン病の症状(こわばり、振戦、けいれん、貧弱な筋肉管理)の治療に使用されます。

アジレクト (ラサギリン)はlevodopaと呼ばれる他の薬と併用されることがあります。

アジレクト (Azilect) (ラサギリン) 用法・用量

アジレクト(ラサジリン)の推奨用量は、単独で使用されるとき(単剤療法)、1日1回1 mgです。レボドパと組み合わせた場合の推奨開始用量は1日1回0.5 mgです。反応が適切でない場合は、用量を1日1回1 mgに増やすことができます。軽度の肝疾患のある患者は、1日に0.5 mgを超える量を服用しないでください。

アジレクト (Azilect) (ラサギリン) 副作用

一般的な副作用は次のとおりです。

◯めまい、眠気。

◯睡眠障害(不眠症)、奇妙な夢。

◯不随意な筋肉の動き

◯食欲不振、体重減少。

◯消化不良、胃の痛み、吐き気、嘔吐、便秘。

◯関節の痛みやこわばり

◯手や足に腫れがある。

◯口渇、咳。または

◯インフルエンザの症状(発熱、悪寒、体の痛み)。

以下の症状がある場合は直ちに医者を呼んでください。

◯警戒を感じた後でも、極端な眠気または突然眠りに落ちる

◯気分や行動の異常な変化

◯気絶するような感覚

◯パーキンソン病の症状の悪化(特に筋肉の動きが制御できない)

◯危険な高血圧

◯重度の頭痛、かすみ眼、首や耳のドキドキ、不安、混乱、激しい胸痛、息切れ、重度の脱力感、発作

◯動揺、幻覚、発熱、発汗、震え、速い心拍数、筋肉のこわばり、けいれん、協調の喪失、悪心、嘔吐、または下痢などのセロトニン症候群の症状がある場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

アジレクト (Azilect) (ラサギリン) 注意事項

◯アジレクト (ラサギリン)を服用する前に、アジレクト (ラサギリン)の成分またはその他にアレルギーのある方は医師または薬剤師に相談してください。アジレクト (ラサギリン)には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている場合があります。詳細についてはあなたの薬剤師に相談してください。

◯この薬を使用する前に、医師または薬剤師にあなたの病歴を伝えてください。

特に心臓病(冠状動脈疾患、心臓発作、胸痛、心不全など)、脳卒中、高血圧、重度の/頻繁な頭痛、肝疾患、精神/気分障害(統合失調症、双極性障害、うつ病など)、糖尿病、甲状腺機能亢進症、ある種の副腎腫瘍(褐色細胞腫)、睡眠障害。

◯この薬はめまいや眠気になることがあります。アルコールや大麻は、めまいや眠気の症状を高める可能性があります。安全に運転できるようになるまでは、運転したり、機械を使用したりしないでください。

◯手術を始める前に、使用するすべての製品(処方薬、非処方薬、ハーブ製品を含む)について医師または歯科医に相談してください。

◯この薬を服用している間、および服用を中止した後少なくとも6ヶ月間、献血をしないでください。

◯妊娠中の女性にはこの薬を使用しないでください。胎児に害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。

◯授乳中の女性にはこの薬を使用しないでください。授乳中の赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。詳細については医師に相談してください。