アコレート (Accolate) (zafirlukast)

アコレート (Accolate) とは

アコレート (Accolate)は、気道のロイコトリエン受容体に作用し、気管支収縮や気道の過敏性を抑制し、喘息の症状を起こりにくくします。喘息症状の長期治療のために使用される処方薬です。

5歳未満の子供に使用した場合に安全かつ効果的であるかどうかは認められていません。

アコレート (Accolate)  用法・用量

アコレート (Accolate)は少なくとも食事の1時間前または2時間後に服用してください。

12歳以上の大人と子供

12歳以上の成人および小児におけるACCOLATEの推奨用量は、1日2回20 mgです。

5〜11歳の小児患者

5〜11歳の子供におけるACCOLATEの推奨用量は1日2回10 mgです。

アコレート (Accolate) 副作用

12歳以上の人々におけるアコレート (Accolate)の最も一般的な副作用は次のとおりです。

◯頭痛

◯感染

◯吐き気

◯下痢

◯痛み(一般化)

5〜11歳の子供におけるACCOLATEの最も一般的な副作用は次のとおりです。

◯頭痛

◯胃痛

ACCOLATEは、以下のような深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

◯重度の肝臓の問題

場合によっては、これらの肝障害は肝不全、移植の必要性、または死亡につながる可能性があります。

下記の症状がある場合、すぐに医療機関に伝えてください。

◯腹部(腹部)の右上の痛みや圧痛

◯吐き気

◯疲れ

◯かゆみ

◯肌や白目が黄色くなる

◯インフルエンザのような症状

◯食欲減少

◯濃い(茶色)尿

◯血管の炎症

下記の症状はアコレート (Accolate)を服用している喘息患者に起こる可能性があります。

◯針の感覚、または腕や脚のしびれ

◯インフルエンザのような症状

◯発疹

◯副鼻腔の痛みと腫れ

◯行動や気分の変化。

◯過敏反応

◯ひどいかゆみ

◯呼吸困難

◯皮膚の発疹

◯皮膚の水疱、または皮膚の発赤、または腫れ

アコレート (Accolate) 注意事項

下記の症状がある方はACCOLATEを服用しないでください。

◯アコレート (Accolate)の成分にアレルギーがある。

◯肝臓に問題がある。

下記に症状がある場合はアコレート (Accolate)を服用する前に、医療機関に伝えてください。

◯肝臓に問題がある

◯妊娠している、妊娠する予定がある。

◯授乳中または授乳予定がある。

◯処方薬と非処方薬、ビタミン、ハーブ系サプリメントなど、服用しているすべての薬について、医療提供者に伝えてください。

アコレート (Accolate)は他の薬の働きに影響を与え、また他の薬から影響を受ける可能性があります。

下記の薬を服用している場合は、医療機関に伝えてください。

◯ワルファリンナトリウム(クマディン、ヤントベン)

◯エリスロマイシン(ERYC、ERY-TAB、PCE)

◯テオフィリン(エリキソフィリン、Theo-24、Theochron、Theolair、Uniphyl)

◯フルコナゾール(ジフルカン)

アコレート (Accolate) 保存方法

アコレート (Accolate)は 20°C〜25°Cで保管してください。

湿度の高い場所で保管しないでください。

密閉容器に入れ、直射日光を避けてください。

子供の手の届かないところに保管してください。

アコレート (Accolate) 成分

有効成分:ザフィルルカスト

不活性成分:クロスカルメロースナトリウム、ラクトース、ステアリン酸マグネシウム、微結晶セルロース、ポビドン、ヒプロメロース、および二酸化チタン。

アコレート (Accolate)錠 特徴

10 mgの錠剤は白く丸く、片側に「ACCOLATE 10」のマークが付いています。

20 mgの錠剤は白くて丸く、片側に「ACCOLATE 20」のマークが付いています。