アグリリン (Agrylin)

アグリリン (Agrylin) とは

アグリリン (Agrylin) とは、骨髄が血小板を過剰に作ることによって引き起こされる特定の血液障害血小板血症)の治療に使用されます。血小板は血液を固める役割をもってます。血小板が多すぎると、不要な血栓や出血の問題など、循環に問題が生じる可能性があります。この薬は血流中の血小板数を減らします。

アグリリン (Agrylin) 用法・用量

アグリリン (Agrylin) 推奨開始投与量

成人:アグリリンの推奨開始用量は、1日4回0.5 mgまたは1日2回1 mgです。

小児患者:AGRYLINの推奨開始用量は1日0.5 mgです。

アグリリン (Agrylin) 副作用

アグリリン (Agrylin)服用で発生する可能性がある深刻な副作用は、

◯心臓発作や心拍の乱れなどの心臓の問題、心臓の肥大。

◯急速な呼吸の有無にかかわらず胸痛。

◯息切れ、喘鳴、呼吸困難などの肺の問題。

◯アレルギー性咳

◯腹痛または圧痛、胃の不快感、嘔吐または黒い便。

◯肝臓の炎症(肝炎)によって引き起こされる皮膚や目の黄変。

◯出血。アスピリンを服用していると、時に重篤になることがあります。

一般的な副作用には次のものがあります。

◯頭痛

◯背中や胸部を含む痛みや痛み。

◯動悸、異常に速い心拍。

◯保水、手や足の腫れ。

◯腹痛

◯困難または痛みを伴う呼吸。

◯食欲減少

◯発疹

◯風、下痢、吐き気、嘔吐。

◯気分が悪い

◯弱さ、めまい

◯熱

◯悪化咳

◯ピンや針のようなチクチクする感覚。

◯脱毛症

アグリリン (Agrylin) 注意事項

次の場合はアグリリン (Agrylin)を服用しないでください。

◯アグリリン (Agrylin)の成分のどれに対してもアレルギーがある

◯深刻な肝臓の問題を抱えている

◯妊娠中または授乳中である

◯ボトルに印刷された有効期限(EXP)が過ぎている

以下の場合は服用前に医師に相談してください。

◯アレルギーがある

◯肝臓病または腎臓病を経験したことがある

◯心疾患、心不全を患っている、または血栓症、出血のリスクが高い

◯アグリリン (Agrylin)服用中に妊娠した場合は、カプセルの服用を中止して直ちに医師に相談してください。

◯アグリリン (Agrylin)を服用中、妊娠する危険性がある女性は、適切な避妊薬を使用してください。

◯16歳未満の人は服用しないでください。

◯他の薬を服用する場合

処方箋なしの市販薬購入を含め、他の薬を服用している場合は、医師または薬剤師に相談してください。

いくつかの薬とアグリリン (Agrylin)は互いに干渉する可能性があります。

以下の薬が含まれます、

◯アスピリンまたはアスピリンを含む薬。

◯フルボキサミンなどの鬱病の治療に使用される薬。

◯オメプラゾールなどの胃腸の問題を治療するために使用される薬。

◯テオフィリンなどの重度の喘息や呼吸障害の治療に使用される薬。

◯ミルリノンなどの心臓障害の治療に使用される薬。

◯血の血小板に影響を与える治療に使用される他の薬。

◯スクラルファートを含む薬。